時代祭は、葵祭・祇園祭と並ぶ京都三大祭の一つ。1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建された。その時、平安神宮の大祭、建造物、神苑の保存のため、市民により平安講社が組織され、記念事業として時代祭が始まった。

01

Background

祭が行われる10月22日は、桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日。 この祭の特色は、神幸祭、行在所祭、還幸祭の神儀のほか、時代風俗行列が行われることである。明治維新から延暦時代へさかのぼって、順次風俗、文物の変遷を再現する。

諸行事日程

 

02

8つの時代を20列、2000人。

明治維新時代から延暦時代まで8つの時代を20列、2000人に達し行列の長さは2キロに及ぶ。祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられている。

500余枚の写真で疑似体験

  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME
  • 時代祭HOME

山国勤王隊を先頭に、正午、京都御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで4.5キロ間に一大時代絵巻を展開する。

Moving forward…

03 巡行経路

京都御所建礼門前出発 (12:00) → 堺町御門 (12:15) → 烏丸丸太町 (12:30) → 烏丸御池 (12:50) → 河原町御池 (13:20) → 河原町三条 (13:30) → 三条大橋 (13:40) → 三条神宮道 (14:10) → 平安神宮 (14:30)

jidaimatsuri-course

経路マップ

凛々しく、煌びやかに、厳かに…

大極殿祭並還幸祭

全行列到着後、御鳳輦を大極殿へ奉安し、延暦文官参朝列の三位が代表で祭文を奏上します。続いて御霊代をご鳳輦より本殿にお遷しして祭典を終了します。